大運動会

9月14日(土)に大運動会が開催されました。

 

晴天の秋空の下、利田っ子たちの熱戦が繰り広げられました。開会式では、児童会長によるエール、選手宣誓、各団の意気込み等から、子供たちの熱意が伝わりました。さらに運動会の歌「ゴーゴーゴー」では、どの子も背中を反らせながら、一生懸命歌う姿に、観客の心は大きく動かされました。

今年のスローガンは「つなげよう協力のバトン 深めよう利田っ子のきずな」でした。5、6年生合同で行う高学年リレーや、なかよし班で協力してボールを運ぶ「りタッコのおひっこし」、地域の保育園児を招いた全校ダンス「パプリカ」等を通して、子供たちは、学年や学校の枠を超えて「利田っ子のきずな」を深めていったように感じました。

 

午後一番のプログラムは「応援合戦」。

今年度は、6年生の団長・副団長・応援リーダー2名に加え5年生応援リーダー2名が、1学期から放課後を使って、相談しながら応援合戦の内容を考えてきました。2学期からは、6年生全員も加わり、毎日放課後練習に励んできました。高学年の熱い思いに応えるように、下級生たちも、毎回の練習を真剣に取り組み、日を追うごとに上手になっていきました。当日は、各団の持ち味やアイディアに満ちた、最高の演技ができたのではないのでしょうか。

また今年は、どの競技も接戦で、最後までどの団が優勝するか分かりませんでした。午後になると、団席での応援も益々ヒートアップし、大きな声援が聞こえました。最後の種目、綱引き「心をひとつに」では、最後の力を振り絞り、気持ちを合わせて綱を引く姿は、とても輝いて見えました。

 

閉会式後の各団の振り返りタイムでは、6年生と下学年の間で「ありがとう。」の言葉が行き交い、エール交換や円陣を組む姿が見られました。スローガン通り、協力のバトンを見事につなげ、きずなが深まったことを実感できた運動会になりました。